相談する女性

賃貸経営の失敗を回避するには専門業者を利用すると良い

悩む女性

近年、安定した収益が期待できるとして20代や30代といった若い年齢層も賃貸経営に注目しています。しかし、安定した賃貸経営には専門知識やノウハウが必要となり、多くの場合がローンなどを組んで賃貸経営を行うため、失敗した際のリスクは大きくなります。そのため、賃貸経営を失敗しないコツは専門業者の活用にあります。
専門業者では代行して賃貸経営を行ってくれるので、専門知識やノウハウを学ぶ必要がなく、さらに専門業者の多くは不動産会社や不動産仲介会社のため、これまでに賃貸経営を行った実績やノウハウが蓄積されています。特に取り扱い物件が多い場合や海外物件も扱っている専門業者は賃貸経営のサポートが充実し、経営基盤などが安定しているので、安心して利用することができます。
また、専門業者の代行業務では、賃貸収益の一部を手数料として納めることで入居者募集のための広告や入退去希望者への手続き、物件管理などをトータル的に対応してくれます。さらに専門業者によっては入居者が集まらなかった場合の賃貸収益の一部を補償する保険サービスも提供されています。このため、賃貸経営を失敗した場合のリスクを軽減させられるので、活用するとよいです。

空き室をなくして賃貸経営の失敗を防ごう

賃貸経営で失敗する原因の1つに、空き室があります。空き室の状態が続くと収入源の家賃が入ってこないため、経営が成り立たなくなります。賃貸経営で空き室を作らないためには、最初が肝心です。いちばん重要なのは立地になります。借りる人が住みたいと思う場所であれば、空き室が出ることはありません。入居者のニーズは人によって違いますが、一般的に駅から近く、都心までのアクセスがよく、商業施設や病院などが集まっている場所は人気があります。
事前のマーケティングと市場調査をしっかりと実行することが空き室対策になります。そして設備を充実させることも、空き室の失敗を防ぎます。基本的なネット常時接続やバス・トイレ独立、ウォシュレット、独立洗面台、オートロックなどは備えていないだけで、最初から検索されない可能性があります。
また基本的な設備以外では温水洗浄便座や浴室乾燥機、ウォークインクローゼット、宅配ボックス、モニター付きインターホンなどがあります。魅力的な設備が備わっていると、選択してもらえる可能性も高くなります。設備を整えすぎるとコストがかかってきますが、入居対象を絞ることで必要な設備も分かってきます。これらのことに注意して賃貸経営をすることで、空き室が減り失敗の可能性も低くなるでしょう。

賃貸経営で失敗しないためには人々のニーズを把握することが大切

賃貸経営は不労所得を目指すことができる魅力的なものでもありますが、実際には思ったようにいかず失敗してしまうケースもあり、事前にリスクを把握しておくことが大切です。
賃貸経営におけるポピュラーなリスクとして挙げられるのが空室で、家賃収入をローンや初期費用に充てることも多いマンションなどの賃貸経営では、できるだけ空室を少なくすることが失敗を生まないポイントでもあります。
魅力的な物件であれば入居希望者も多く集まることになりますが、どこに魅力を感じるかは人ぞれぞれであり、その土地ごとに入居を希望する人のニーズを把握しなければ効率的に入居希望者を集めることは難しくなります。
例えば大学などがあり学生が多く集まる土地であれば、間取りの広さよりも手ごろな家賃相場にすることを目指して物件を探したり、インターネット環境を整えることや、女性でも安心して暮らせるようにセキュリティ対策を行なうなど、若者向けの住環境を整備することで空室を減らす工夫を行なうこともできます。
不動産業者に相談することで空室対策を行なうこともでき、ポータルサイトなどを利用することでより多くの人の目に触れるようにすることも失敗をしないための大切なポイントです。


空き室をなくして賃貸経営の失敗を防ぎましょう!【フシドル】は不動産投資・賃貸経営のための情報サイトなのでお賃貸経営に必要な情報が満載ですよ!

Press Release

TOP